11月1日(金)~11月4日(祝・月)秋の大人の林間学校@山古志のご案内!!

2013年10月18日(金)

こんにちは!菊池です。

焚き火と旨い酒、山古志の空気が恋しくなったので「秋の大人の林間学校@山古志」を2013年11月1日(金)~11月4日(祝・月)でやっちゃいま~す。

場所は新潟・山古志 http://www.yamakoshi.org/
棚田に代表される美しい自然、最高品質の米、
千年続く重要無形民俗文化財の牛の角突き(闘牛)、錦鯉などが有名です。

images2_R3

7年前に僕の勝手な思いつきで「とにかくでかいキャンプファイヤーがしたい!!」と福島県の浪江町で始まった大人の林間学校。

IMG_3799_R3

浪江町で宿泊させていただいた、ららパパ、ららママから受け継いだ愛情いっぱいの林間学校のバトンは、遊び心いっぱいの静岡県・渋川の弥助さんへと渡り、前回9月、新潟県・山古志村での約1年ぶりの開催となりました。

IMG_2274_R3

IMG_2261_R3

子供に戻ったみんなの弾けるエネルギーと一体感。

心の底から開放されていく穏やかな空気感。

身体が喜ぶ絶品の地元の食材やお酒と最高の温泉。

「みんな大好き~!山古志大好き~!」が内側から溢れてくるあの至福感!!

まさにこれがオンリーワンの原点であり、自分の原点だって再確認した瞬間でした。

林間学校参加後のみんなのエネルギーの開き具合もマジでハンパ無かった。何かが大きく動き始めた瞬間でした~。

参加者の言葉を借りると

囲炉裏やばーーーーい\(^o^)/
源泉温泉やばーーーーい\(^o^)/
地元の野菜&米はもっとヤバーーーー\(^o^)/
山古志のジモティーは最高ヤーバーイーー\(^o^)/

そして僕が一言付け加えるとしたら

参加した人たち究極ヤーバーイーー\(^o^)/

でした(笑)。

前回のレポートはこちら↓
http://onlyonenet.jp/diary/%E3%81%8A%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%82%8A%E3%82%93%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%8C%E3%81%A3%E3%81%93%E3%81%86%EF%BC%A0%E5%B1%B1%E5%8F%A4%E5%BF%97%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%81%A3%EF%BC%81/


今回、秋の山古志を楽しむ中で、僕の中では「焚き火の秋!」、「食欲の秋!」を満喫するのでアリマス。

まず秋になり肌寒くなってきたので「一にも二にも焚き火!!」焚き火を囲みながら最高に旨い地酒と地元の食材を炙って食しましょう。

久しぶりにダッチオーブンで鶏の丸焼きもやりたいなぁ。

そして山古志は全国でも最高品質のお米の産地。
山古志の昼と夜の寒暖の差が生み出す甘みのある新米、もうヤバイです。

なんでも米は育った水を覚えているそうで、この山古志の新米を山古志のおいしい水で炊飯した究極のご飯と地元の秋の食材を一緒に食すこの幸せを想像するとヨダレが止まらなくなるのです。

さらに地元の方に餅つきのお手伝いに誘われてるので、山古志の新米で出来た「究極の餅」を食しましょう!!

もうね!ほっぺた落ちるね、絶対(笑)。

また滞在期間中に千年続く重要無形民俗文化財の「牛の角突き(闘牛)」が開催されるので、タイミングが合えば行くのもいいかも~。

DSC_0089

野外での最高に美味しい料理とお酒、
焚き火を囲みながらのゆったりと流れる時間。

31911857_2093789625_R3

普段の都会の生活の中でどこか微妙に力が入っている心と体が開放されて喜ぶ瞬間。

現地では、のんびり自然に還るのもよし、日替わりで温泉に入るのもよし、子供のように遊ぶのもよし、ただただわくわくすることだけをやりましょう!!

至福の瞬間を一緒に味わえたら最高ですね。

以下詳細です。写真も添付しておきます。

●日時:2013年11月1日(金)~11月4日(祝・月)  1泊だけの参加OK!

●場所:新潟県長岡市山古志竹沢(ログハウスが目印です)

https://maps.google.co.jp/maps?q=37.321596,138.882358&ll=37.321634,138.883361&spn=0.002316,0.002553&num=1&t=h&brcurrent=3,0x5ff5a318de572c0d:0x47a5f8117a961512,0&z=18

 

基本的にはみんな車で分乗して行きます。

以下申し込みをした人から集合時間やどの車に乗るかなどを案内しますね!!

遅れて電車で来る人は最寄り駅はJR上越線・小千谷駅

(東京から上越新幹線&在来線で約2時間)

●持ち物:防寒着(焚き火のやんちゃな火の粉に負けない防寒着だと◎)、 寝袋、下に敷くマット(敷布団がないので持って来ると便利です)、

バスタオル(温泉で使います)、洗面用具

●参加費:一泊7000円(朝食、夕食込み) × 泊数

*交通費別

*参加の方は菊池まで連絡ください。

PCメール:onlyonenet@gmail.com

イベントHP:http://www.onlyonenet.jp

ページトップへ